夕焼空と山

なぜ片道券の方が格安航空券として販売されているのか

格安航空券に関しての疑問はさまざまにありますが、その中の一つに往復券よりも片道券の方が安いのはなぜ?というものがあります。一般的に航空券は旅行計画を立てて購入するため、往復券を購入される方がほとんど。なぜ片道券の方が安いのでしょうか。

片道券が格安になっていることが多い

首をかしげる人
格安航空券を見てみると、そのほとんどが片道運賃であることに気が付かれる方は多いのではないでしょうか。行ったはいいけれど帰ってこれなければ意味がありませんね。
だから格安航空チケットの購入を諦め、往復分を正規価格で泣く泣く購入されたなんて話は旅行あるあると言えるでしょう。
一見すると利用者に優しくないシステムのように思えますが、どうして格安航空チケットのほとんどは片道料金が多いのでしょうか。

往復は実はお得感が少ないもの

旅行に行ったら帰ってくるのは当たり前。
なら往復分購入するのが当然と思っていませんか?この先入観がよくありません。
旅行のスタイルはそれぞれですが、計画通りにすすめていく旅行ってつまらないもの。
特に旅行好きの方の多くは、計画を柔軟に変更させ、滞在期間を長くしたり、逆に短くしたりするのはスタンダードなアクションです。
実は往復券のほとんどはすべての区間や出発日に対応してくれているわけではないんです。
このため自由度の高い片道券を利用するのが普通なのです。
行きは急いでいきたいけれど、帰りは特に予定がないからゆっくり安く帰りたい。だから行きは航空機、帰りは夜行バスなんて旅行の仕方をされる方も多い状況。
このため格安航空チケットの多くは「片道」が安く、しかも豊富に出回っているという状況になっています。

最安値の激安な片道航空券を手に入れるポイント

より格安の片道航空券を手に入れるための方法としては、販売がスタートされる1月と8月のタイミングで購入をするということです。
1月であれば10月出発の航空チケットまで。
また8月の場合には翌年の3月までの航空チケットを格安で購入することが可能です。
このようにしばらく先の航空券を手に入れることができるにも関わらず、往復券の場合には出発の2ヶ月前というのが限度になります。
こういった点でも片道券の方がお得になるわけです。

格安航空チケットに片道券が多い理由は?

片道に格安航空チケットが多いのは往復券よりも自由度が高く、その上で販売期間の長さなどによるものです。
人気が高い片道券ですから、往復券と比べ格安に設定されているのです。

Similar Posts:

    None Found

次の記事: を読む ≫
△PAGE TOP

Copyright © 2017 大手航空会社と比較しても5割も安く!格安航空チケットのメリット All Rights Reserved.